ブック情報

わけたりわかれたりまじったり

ytko
ytko
2009.09.11
2009.09.28

ブックの説明

世界はわけたり、わかれたりしていると思う。
何かと何かを区別するように存在するもの。元は一つだったもの。何かの破片。世界はそれらでできている。
僕の撮っている写真も、何かの一部を取り出して(わけて)きたものだ。
今、僕らが生きている社会はそんな区別が凄く明確だと思う。私は私。あなたはあなた。自分に関係の無い人との棲み分けがはっきりしている。
何かに拒まれているような、目の前に見えない大きな壁があるような感覚。見えない枠でくくられてそこから出て行くことができない。
でも、僕らは世界と関わらずに(まじわらずに)生きていくことはできない。植物のように自由に、まじわることができたらどんなに素晴らしいか!

そんなことを考えながら、これらの写真を集め、まとめました。

ブログパーツはこちら

このページへのリンクURL

最近書かれた書評

「題名がいいです。」by hirakawa | 2011.01.09

このとおりの写真だし、後のブックスで自分の答えを出している所にグ...

このブックの書評一覧へ

様々な
ジャンルの
bcckCenter
はこちら

  • BCCKSの殿堂