はじめての お葬式  |  davinci

 

はじめての
お葬式

ブンゲイ ダ・ヴィンチ

 喜んでくれる人がいるわけじゃないのに、私はもう一度冷たいマウスピースを唇に付けると、パズーのラッパを吹き始めた。こんな感傷ばかみたい。そう思っても、いつもどおり、部長になるにふさわしい美しい音色が響いた。
 鳩が飛んだ。そのうちの一羽だけが白く、高く、とても高くまで飛んでゆく様子を、私はトランペットを吹きながら眺めた。
          ー END ー

はじめての
お葬式
  • 著者:宮木あや子
作 成 日:2008 年 10月 21日
発   行:宮木あや子
BSBN 1-01-00018307
ブックフォーマット:#429

1976年神奈川県生まれ。2006年吉原の遊女たちを描いた「花宵道中」で第5回「女による女のためのR-18文学賞」大賞と読者賞をW受賞しデビュー。繊細かつ叙情性あふれる表現で人気を集める。著書に『花宵道中』『雨の塔』『白蝶花』『群青』などがある。

Ayako Miyagi

宮木あや子

 
 
 

 
 
 
宮木あや子

 
 
 
Ayako Miyagi

読み切りアンソロジー「はじめての失恋」
シリーズです。新しい小説が今後も登場してきますのでお楽しみに!