in tab  |  shalom

text | shalom

ーWさんて他の会社にも勤めた事あるんですか。
「大学生だった時アルバイトで日本アニメーションにいたんですよ、セル画描いたりして。ハウス食品名作劇場とか知ってます?」
ー知ってますよー。超見てました。小公女セーラとか。
「あ、小公女セーラは描いた事あります。僕の名前が出た事もあるんですよ」
ーすごいすごい!
「いや、凄くないですよ〜。あの頃描き手のアルバイトが沢山いてアルバイト賃も安くってさ〜その代りなのかエンディングのクレジットに名前を不定期に出してくれるんですよ。それがうれしい人もいただろうけれど、僕は別になんとも思わなかったなあ。結構アニメ映画にも名前出た事もあるみたいだけれどね。社員になれって言われたりもしたし」
ー優秀だったんですねー。じゃあ、そこでお勤めになったんですか?
「いやあ、安く使えるっと思ったんじゃない?実際すごく安かったから。だから社員にはならなかった。アルバイトも誘われてなんとなくやっていただけで、やろう!と思って入ったわけじゃないんですよねー」

ーあはは!そうなんだ!でもやりたくてもやれない人だっているのに。
「なんかなんでも流れに乗っちゃうというか、誘われたら行っちゃうんですよね。欽ちゃん劇団に誘われた事もあったなー」
ーあ、なんかわかる気がする!天然の人の良さとちょっとボケた感じを鍛えたら凄い事になりそうだもの。
「AV男優にならないかっていわれた事もあるんですよ。僕の友達で監督がいたんですよー好きな事していいから撮らせてよなんていわれてねー。その友達には会員制の仮面パーティーっていうんですか?要するにいやらしいとことしていい高級なクラブとかにもよく呼ばれた事もありましたね。本当の会員になるにはものすごくお金がいるみたい。芸能人とかいっぱい来ていたみたいですよー、僕は行ったことないですけど!」
ーえ?行ったことないんですか?
「うん、呼ばれただけ。だって怖いじゃない?」
ー …

3

小公女セーラは描いた事あります。

text | shalom

2

今になっても思うけれど辞めて正解だったなあ

photo | shalom

「学生時代ふらふらしていてそろそろ仕事しなきゃなあーって受かって入ったのがパ○マだったんです」
ーあのパ○マ?
「そう、入社式に行ったら同期で入った10人くらいがもういないんですよ。仕事内容もあの時からズサン!いい加減な仕事し続けてたんだよねー。給湯器の山があってね、その中に入って仕事していたらいきなり山が崩れて給湯器が落ちて来たんですよ。あー危ない!って思ってすぐスッと手を引っ込めたんですよ。幸い指先にガツーッと当たっただけだったんですけどね」
ーつか、当たってるじゃないですか!笑
「それで、病院行ったの」
ーえー病院に行くほどなのー!(笑っちゃいけないけれどおかしい)
「もう、みるみる紫色に腫れちゃって!ケガしてしまって全然仕事にならないからって会社に言っているのに労災おろしてくれないかったんですよー、ひどいでしょう?」
ー最悪だなあー。
「だから辞めたの。実質1ヶ月もいなかったですね。本当に今になっても思うけれど辞めて正解だったなあ」
ーつか、1回勤めちゃってるしなー。ケガまでしてるじゃないですか。笑

うん、僕んち区役所近いから!

「それで今の会社に入ったんです。いろいろありますけどね、なんとか続いてます」
*会社の中の噂話やいろんな思い出、好きな音楽がセリーヌ・ディオンと竹内まりやという話までしてくれる。
家庭のお話もしてくれました。
「僕ね、家で信用されてないんですよー(相変わらずにこにこ)ま、それも僕が悪いんですけどね…(ちいさくモゴモゴ言ってるが、その間にこちらはまた食べる)ちょっと前に会社に匿名で支店長宛に電話があったんですよー、お宅の会社は遅くまでにあかりが付いてるが何してんだ!ってクレーム電話っていうのかなあ、そういうのがあって調べたら(番号を探ったら)奥さんの実家からだったんですよ」
ーがはは!
「それで上から呼ばれちゃってさーお前は何してんだって。書類書かされちゃったもんねー参ったよね。だからなるべく残業もしちゃいけないんだけれど、そうもいかないよね」
ーじゃあ今日も大丈夫だったんですか?
「うん、もうそれはそれは大丈夫!だってせっかくの機会じゃないですか!仕事ってことにしてあるから大丈夫!でも離婚届突きつけられてるから要注意ですけどね、えへへ」

1

text | shalom

ーえ〜〜〜!!!そうなんですか?
なんか悪い事しちゃったかしら〜いつ離婚届みせられたんですか?
「うん?今月…」
ーこ、今月?最近のことじゃないですか!笑
「うん、僕んち区役所近いから!」
ーそ、そういう理由?
「失敗してもすぐに貰いに行けるからね!」
ー !!!

「いやー今日は楽しいなあー、もっと喋って下さいよー。なんだか僕だけ喋っちゃって、SさんもKさんもすっかり聞き役なんだからー次どこいきます?」
ーもう、今日はこれくらいにしときましょうよ。すっかり楽しませていただきました!ホントにありがとうございました!
「次回は絶対お二人の話聞かせて下さいね、このメンバー定例会にしましょうね」だって。
その後も帰る際に「忘れ物をしないでね」と自分が忘れ物するWさん…。
Wさん、次もアナタがしゃべるんですよ。私達は拝聴させていただきます。
ごちそうさまでした!

  • 著者:shalom
作 成 日:2008 年 11月 28日
発   行:shalom
BSBN 1-01-00021467
ブックフォーマット:#322