F i r e t o w e r  |  megumu.m

 
 

かつてはどの街でも、ごく当たり前のように
建っていた火の見櫓。

しかし近年、電話網や防災無線などの普及により、
急速にその役割を終え、姿を失いつつある。

意識せずに車を走らせていると、どこにでも
あったような気がする火の見櫓も、気がつけば
探しに行かねば見つからないような存在に
なってきているのだ。

今なおランドマークとして街に残る、
火の見櫓の数々を撮り歩いてみた。

やがては失われる運命にある街の見張り番に、
愛惜の意を込めて…。

 
 
 

photo | megumu.m

text | megumu.m

 

photo | megumu.m

013