Fantastic Plastic Collection  |  megthelove

 
 

Ever since I moved to New York, I started seeing plastic bags with a smile, "Thank you for shopping!" and "Have a nice day!" everywhere. These bags are generic here, very local, never seen in Tokyo therefore attractive. Service in New York can be rough but bags smile and thank customers.

Before moving from Tokyo, my shopping bag collection since my childhood had to be scaled down. I discarded tons of bags. It was refreshing and positive as a new start but still kind of sad.

As homage to these discarded bags and to represent my obsession with them, I started this project. I simply wore them and played around with them under scenarios like being dumped by a guy, hula hooping, and jumping with ballerinas. I shot what flowed out of my fantastic plastic world which already existed me.

New York, 2009

 
 
 
 
 
 

ニューヨークに来て、東京では見たことのない、独特でローカルなビニール袋にすぐ魅せられた。スマイルマークや"Have a nice day!"、"Thank you for shopping!!"のメッセージが入ったビニール袋は、一般的なデザインだ。サービスや態度はぶしつけなわりに、ビニール袋は愛想と愛嬌があることが新鮮な発見だった。

出発前、幼い頃から集めた、でも使い道のない袋コレクションの大半は処分することにした。新生活に区切りを付ける清々しさもあったが、捨てる悲しみは存外に大きく、その後、度々思い出していた。

この処分した袋達へのオマージュと、ビニール袋収集癖を形あるものにしようと撮り始めた。なかでも自分に響く感覚があったのが、単純にビニール袋を着て、一緒になって遊び、楽しむことだった。

男に捨てられたり、洗濯して畳んだり、フラフープで遊んだり、バレリーナと跳んだり。ビニール袋の世界はいつの間にか私の中で構築されていて、流れ出てきたものを夢中で形にした。

New York, 2009

    megumi tomomitsu