MOJIKOU  |  NOBUYUKIANDO

 
 

祖母の具合がよくないらしい。

こんな連絡でも貰わないと

自身の生まれ育った地に

帰ってこれない自分が

たまらなく歯がゆい。

 
 
 
 
 
 

みなと特有の臭いが

鼻をつく。

この臭いが嫌いだった。

 
 
 
 
 
 

久しぶりに見た門司港駅は

周囲の環境が変わっても

変わらぬ姿でそこに

いた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

姉と甥と共に

見舞いにいく。


曾孫が見れて幸せだ

と言っていた。